Share Mail

福増寺庭園 拝観のご案内

福増寺境内

【A】えもいわれぬ□□□のお庭
〈非思量庭〉

非思量庭

はるかに子持山を望むおおらかな風光、枯山水の石庭です。
えもいわれぬ・・・何かが漂っています。
□□□の中に各自の感じるままに言葉を入れて名前をつけて鑑賞して頂くお庭です。
四季を通して鑑賞できます。
(京都の庭師 北山安夫 作庭・ライトスケープ監修 )

【B】まんまる月のお庭
〈円月相庭〉

円月相庭

春には明治期に植えられた染井吉野の古木「山門の桜」が咲きそろい、花見の人たちで賑わいます。
庭内には 赤城山に懸かる名月を模した円相石をはじめとする鑑賞ポイントもあり、歩みに伴って風景も移り変わる妙趣に富んだ池泉回遊式庭園です。春の観桜夜間拝観など四季おりおりにライトアップも行っています。

【C】さざれ石のお庭
〈国歌巌庭〉

国歌巌庭

江戸時代の石組を残し、国歌「君が代」に詠まれている「さざれ石」があり、一角には「学べる厠(旧東司)」なども見られます。
※平常は拝観できません

【D】陸奥の庭園
周防の海

陸奥の庭園 周防の海

平和のしるべ≪戦艦・陸奥の鐘≫を語り継ぎたいと願う小庭園です。
陸奥ゆかりの海や島々、船などをあらわし、樹蔭海浜に憩う亡き人を思ったりして、共にやすらげる清浄な空間となっています。
庭内には、篤志家はじめ顕彰会の方々の御賛同により建てられた「陸奥艟鐘碑」があり、陸奥爆沈時の乗員、篠原喜一さんが、万感込めて揮亳した「陸奥」の文字もみられます。

 
 

【1】福増寺の萬霊水

庭園1(萬霊水)

「萬人萬物と一切の御霊を共にたすくる菩提の水」で、往昔より来たる人々を無遮平等に浄からしめ潤しつづけています。
胡桃の群生する浄域より湧出し、手水・蹲踞・僧都などに引かれているほか 泉水の遣り水としても活用しています。

【2】福増寺の石畳

庭園2(福増寺の石畳)

古の匠が近郊の山石や利根川の丸石で畳んだと伝えられ篤信の檀越により寄進されました。
ゆるやかな坂の石畳や 長寿や祥瑞の動物とされる亀の甲羅をデザインした「亀甲繋ぎ文」の石畳などが、 往時のままに風情を添えています。

【3】椿厨子
(つばきのずし)

椿厨子

石畳の参道を左に折れて、閻魔十王臺をめぐる小径です。
この辺りには、仏心をおこさせる花といわれる椿が群生していて、色彩により「発露の白(ほつろのしろ)」「冥助の紅(みょうじょのべに)」と呼んでいます。

【4】福増の晩鐘
陸奥の艟鐘

福増の晩鐘

毎日、夕刻を告げて鳴る福増寺の鐘は、敷島の地に鐘の音に溶け込むような美しい音風景「福増の晩鐘」(津久田八景のー)を醸し出してきました。
古歌に
「里寺の夕暮れ告ぐる鐘の音に行き交ふ人も道急ぐらむ」
と詠まれています。

現在の鐘は、戦後サルベージされた「戦艦・陸奥」の部材で造られた艟鐘です。

【5】鹿苑亭の
「釈迦もみじ」

鹿苑亭の釈迦もみじ

日ごと、葉の色を変えてみなさまをお迎えしています。
四季を通して親しんでいただきたいカエデです。
花言葉は、「大切な思い出」です。

【6】敷島姿誰 花

敷島姿誰花

お花見で人気を集めるサクラです。敷島という当地の地名を冠して呼び名表記しています。看花渡月榻(かんかとげつとう)より対面してみてください。花姿壮麗で立ち去り難しと覚えるサクラに、誰れ思うことでしょう?

アクセス

名称:
長壽山 福増寺
住所:
〒379-1103 群馬県渋川市赤城町津久田237番地
電話:
(0279)56-3408
FAX:
(0279)56-3392
参拝時間:
9:00~16:00
駐車場:
さくらもみじの馬場パーキング
オリジナルグッズ:
参拝記念・陸奥グッズ etc...
御朱印:
受処にて

【交通案内】

赤城ICから5分
JR敷島駅より北へ200m
お車の方は切通しを左折してください

講座のご案内

  • 座禅・経典朗唱・法話
    毎月第4土曜日
    19:00~21:00
  • 茶道を習得し広く文化に親しみます
    月2回(開講日お問い合わせください)
  • 写経・書写などの体験
    随時ご希望により1時間ほど
  • 庭園・花木に触れてグリーンセラピー体感
    随時ご希望により2時間ほど
  • 御仏膳を調えお供えするこころを学びます
    年2回(開講日お問い合わせください)

【通信法話】

  • 福増尊者御絵伝
    ― 老いてなお道を求めて ―

投句函

参拝の記念に一句を詠んでみませんか? 投句函は本堂前にあります。

風狂に悟道の庭や竹の秋

風狂に悟道の庭や竹の秋

花呆

春惜しむ大悲手眼の百観音

春惜しむ大悲手眼の百観音

紘一

生飯台の謂れ僧より花の寺

生飯台の謂れ僧より花の寺

時江

一座得て埋憂庭のさくら見る

一坐得て 埋憂庭の さくら見る

未灰

山門を日表にして落椿

山門を 日表にして 落椿

ふさの

現世の心癒さむひとときを浄土の石庭花あかりなる

現世の 心癒さむひとときを
浄土の石庭 花あかりなる

いね

句歌集

皆様のうたを順次句歌集にまとめています。
末永く伝承させていただきます。
ありがとうございました。

お問い合わせ

下記に入力して送信ボタンを押してください。